S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

 ~ イタリア料理・西洋菓子教室主宰 田中玉緒のオフィシャルブログ
10月のイタリア料理教室 研究科を終えて その1
e0119321_09235174.jpg
10月とは思えないような暑い日もあった研究科のレッスン日、このところ一気に冷え込んで参りましたので、はるか昔のことのように思ってしまいます。10月の研究科の料理写真をまとめて、補足説明を書いておきますね。

e0119321_09235239.jpg
今月のテーマは「クッチーナ・ポーヴェラ」、イタリアの秋といえばの「ポルチーニ」、手に入りやすい乾燥ポルチーニを無駄なく使って三点仕上げていきました。

「ポルチーニ・セッキ」とて日本で再現するとそんなにお値打ちにはならないけれど(苦笑)、庶民の知恵を生かした家庭的な工夫、セコンドで使うのはポルチーニセッキの出汁だけ、残ったポルチーニでコントルノ(付け合せ)とアンティパストを作ります。

写真はコントルノはもちろんアンティパストにもなる「かぼちゃとポルチーニのローズマリー風味」、かぼちゃを小さく刻めばクロスティーニにも応用できます。レッスンでは、冷凍だけどフレッシュポルチーニも少し加えてご紹介しました。数日楽しめる常備菜的な野菜料理、冷めてもおいしいのでお弁当にも!

e0119321_09235345.jpg
そして、お気に入りのメーカーのゴルゴンゾーラドルチェを使った「ゴルゴンゾーラとポルチーニのクロスティーニ」。

おもてなしにはレッスンのようにカリカリクロスティーニを準備しておくと便利ではありますが、たっぷりオリーブオイルを塗ったパンを熱したグリルパンでカリっと焼くと、チーズもとろりととけて更においしいですよ〜。温かいかぼちゃのスープとこれだけでブランチで友人を招いても感激!されました。

ゴルゴンゾーラの塩加減によっては、ゴルゴンゾーラの半分を刻んだモッツァレッラに変えても美味。

e0119321_15302720.jpg
レッスンで用意したカリカリクロスティーニの作り方はこちらにも!今回は1センチスライスでお願いしました。


e0119321_09235410.jpg
アンティパスト・ミストということで、もうひとつオマケで「いちじくとリコッタのバルサミコ酢かけ」を再びご紹介。今年はニューフェイスの「トリュフ風味のバルサミコ」をかけました。

トリュフ×バルサミコ、一体どんな感じになるのかな?と思っていたけど、新鮮な美味しさでした。牛のカルパッチョやタリアータにはよくマッシュルームのスライスをかけるけど、そこにこのトリュフバルサミコも加えると秋のご馳走になりそうです。

翌週の基礎科の「柿×生ハム」にもたらりとかけてご紹介。

e0119321_09235550.jpg
フードライナー社が今春から輸入をスタートした「ジュリアーノ タルトゥーフィ社」
のトリュフ製品、ずっと興味をもっていたのですが、秋を待って取り寄せてみました。ジュリアーノさんちのお利口なワンちゃんはトリュフ犬、アルバやサン・ミニアートと違って黒トリュフで知られるウンブリアですが、各種天然トリュフの宝庫、白もとれるのですね。

白トリュフ製品としてはお値打ちですし、いずれもおいしい。新しい風味を知るのはいつだって楽しいもの、トリュフ風味のポルチーニペーストを使ったフリッタータ(丸いオムレツ)とか、他にもいろんなアイディアがひらめきました。

e0119321_16105469.jpg
それからそれから、研究科の今月のプリモは「ポレンタ」でしたが、手打ちパスタの生地の作り方をお見せして、ほんの一口だけパスタも出して同社の「白トリュフ入りのポルチーニクリーム」もご紹介しましたが、こちらも好評でした。
e0119321_16105573.jpg


[PR]
# by amarone-masi | 2016-10-17 09:18 | レッスン
10月11月の和食のレッスン
e0119321_21564948.jpg
年内の和食のレッスンスケジュールのご案内です。12月は通常レッスンはお休みで、お節の特別講習となります。

さて、10月の和食は「鶏の唐揚げ」をメインに、リクエストがあった「玉緒焼売」も教えます。和食のレッスンでは、日本の家庭の食卓をイメージして、特殊な調味料は使わずにできる範囲でこうした変化球もたまに交えて教えています。

10月は21日(金)11時半〜、または19時〜、22日(土)19時〜(土曜のスタート時間は18時半から19時に変更になりました)、全て催行決定しておりますが、若干名の追加募集をしています。HP内の「Le Informazioni お知らせ」欄からお申し込み頂けます。(リンク先が先月のスケジュールのままの場合、お手数ですがPCの履歴を消去して頂くと更新されます)

献立などの詳しい様子は、教室のFB頁も合わせてご覧くださいませ。

先日おいしい味醂を頂いたので、10月には「厚揚げと青菜の煮浸し」もメニューに加えて、11月の献立は「おでん」にしました。おでんのつゆって意外と簡単!でも、手作りしてみると1ランクアップしたおかずになりますよ〜。お味がだいぶ変わるから2つの鍋にわけますが、牛すじも合わせて煮込みます。最後は「茶飯」を軽く握ってオリーブオイルでさっと焼き結びにし、おでん種から出汁の出たおいしいおつゆをかけてさらさらと。

e0119321_21565037.jpg
何しろイタリア料理を作るのが一番手早く簡単な妙な日本人となってしまったけれど、普段の食事は和食も多く、「シンプルな日本料理は奥深く、しみじみ美味しいな」と思います。「きっかけ」はこんなことでしたが、思いきってスタートしてから三年近く経ちまして、随分レシピも溜まったので、来年からは外国の方にも是非教えてみたいと思っています。

e0119321_21565065.jpg

[PR]
# by amarone-masi | 2016-10-11 22:23 | お知らせ
10月の料理教室体験レッスン募集のご案内
e0119321_12540342.jpg

10月のイタリア料理教室で、若干名の体験レッスンまたは単回参加の募集をしています。HP内の「Le Informazioni お知らせ」欄からお申し込み頂けます。(リンク先が先月のスケジュールのままの場合、お手数ですがPCの履歴を消去して頂くと更新されます)

献立などの詳しい様子は、教室のFB頁も合わせてご覧くださいませ。

研究科は受講料11000円、基礎科は受講料10000円(合わせてご出席の場合は合計から−2000円)です。10月の「和食のレッスン」の内容も後日改めてご案内させていただきます。

しばらくトップに置かせていただきます。最新の更新記事はひとつ前に!


[PR]
# by amarone-masi | 2016-10-01 01:11 | お知らせ