S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

 ~ イタリア料理・西洋菓子教室主宰 田中玉緒のオフィシャルブログ
カテゴリ:パーネ( 5 )
和食トライアル 「蓮根の箸休め」
e0119321_178201.jpg
和食のレッスンといっても、いろんなものを頂くのが日本の家庭料理の特徴なので、目先の変わった一皿も…皆さんもよく作られるかもしれない蓮根のサラダ、白ごまマヨネーズで和えました。

仕上げに神宗のふりかけ胡麻をあしらっていますが、奥のアレンジのように人参チップを加えても彩りがよいですね。せっかく買った野菜を傷ませたりしないよう、同じ食材を上手に使い回すことも、このコースのテーマのひとつ、アンコウ鍋に使うセリをイタパセ感覚でトッピングしても。

そろそろ…
[PR]
by amarone-masi | 2013-01-30 17:18 | パーネ
「ブレッドワークス 」とローマ料理
e0119321_14571873.jpg
表参道駅から教室に向かう途中、少し足をのばしていただくと、新しいパン屋さんができています。朝8時から21時まで営業なので、少し早めにいらっしゃれば立ち寄って頂けるかも。

AVEDAの並びにCICADAが洒落たカフェスペースを設けていて、その一角にあるのが、天王洲などにもお店がある、この「ブレッドワークス breadworks」。前回、「食事用のパンは普通かな」なんて失礼なことを書いてしまったけれど、お気に入りのカカオロールの他に、お勧めなのが「LODEVE」という平たいパンです。

どうも最初に伺ったときはセレクションが悪かったようで、ハード系のパンがお得意なのかな、と思います。イタリア料理だからと、「チャパタ」を選んだけれど、生地の感じはこちらの「ロデヴェ」のほうが、私が思うチャパタに近い感じ。

不勉強で「ロデヴ」というフランスのパンを知りませんでした。

チャパタとどこが違うのかなと、お店の方に素朴な疑問をぶつけてみたところ、チャパタがオリーブオイルをたっぷり練り混んでいるのに対し、ロデヴェは水分量が多く、油脂はバターを少しだけ加えているのだとか…このもちっとした感じが、寒い季節の煮込み料理に合いそうだから、11月のレッスンではこちらのパンをご用意しました。

食事は健康の源、美味しく食べて、でも、健康的な体型を、と誰もが考えますよね、

生徒の皆さんが、夜は特に「炭水化物を控えたい」と思っていらっしゃるのも重々承知で、最近はなるべくプリモの麺の分量を少なくしたり、食事をとる順番も大切なので野菜料理をスターターとしてご用意したりと気にかけてはいるのですが…

下で紹介する動画でも最後に「un po di cacao amaro」と加えていますが、イタリアの古典を紐解くと今月のセコンドで紹介した「コーダ・アッラ・ヴァッチナーラ」の仕上げに、白ワインで作るトマトソースをおいしくみせるよう、色合いの調整のために無糖のココアパウダーを少し加えています。ローマの下町では、今でも加えているお店も多いそう。

そこで、豆のソースでボリュームのでる、パスタのマルタリアーティを減らして(昼間は35g、夜でもMAX45gでご用意しましたが、これは乾麺でいうと20〜30gほどの分量です)、「ローマ風牛テールの煮込み(コーダ・アッラ・ヴァッチナーラ)」の食文化の背景を紹介するため、ほんのお一口分ずつカットして、甘くないココア生地にチョコチップを散らした「カカオロール」を温めて一緒にお出ししてみました。

たまにはちょっと冒険して、トマトソースとほんのり甘いチョコレートパン、面白いマリアージュだったのでは?と思いますが、如何でしたか?

e0119321_14572658.jpg
イタリアの家庭料理としては古典中の古典の一品ですが、日本では牛テールが一般的な食材ではないためか、あまり知られていませんね。イタリア語で検索していて、「コーダ・アッラ・ヴァッチナーラ」の作り方を紹介する、なかなか楽しい動画を見つけたので(3まであります)、ご紹介しておきます。

もちろんイタリア語、でも、言葉が全ておわかりにならずとも、料理はきっとわかります。雨降りの土曜日、よかったらお家で暖かくしてご覧下さいな。



歯並びの悪さが惜しまれるものの、レギュラー番組をもつようなスターシェフにしてはMario はお人柄もよさそうでチャーミング、ローマ料理の先達を、「マエストロ(先生、とか、師匠、という意味のイタリア語)」「マエストロ」と持ち上げながら、楽しくおいしそうに作り上げていきます。

このまたおじ(い?)さんの古いローマ弁の台詞がすごくよい味を出しているのですが、イタリア語って学んだことがないと、私にとっての中国語くらい、皆さんにはわからないものなのかしら?…でも、とにかく2人とも楽しそうですよね、うん。
[PR]
by amarone-masi | 2012-11-17 15:42 | パーネ
ブリオッシュ ア テット
e0119321_1172812.jpg
昨日のパンのレッスンでは、「オリーブオイルとバターを使ったパン」と題して、イタリアの食事パン「フォカッチャ」と独特なかたちが可愛らしい「ブリオッシュ ア テット」を焼きました。

More
[PR]
by amarone-masi | 2008-07-24 11:30 | パーネ
おやつのパン
e0119321_15585774.jpg
パンのレッスンの二回目は、甘さのある、「おやつのパン」作り。先日も紹介しましたが、こちらが朝のクラスで焼き上げたモンキーブレッド、作るのはもちろん、できあがりの見た目も楽しいパンです。

More
[PR]
by amarone-masi | 2008-06-25 16:08 | パーネ
モンキーブレッド
e0119321_9143646.jpg
6月のパンのレッスンは、「おやつのパン」がテーマ。メニューのひとつは、このユニークなかたちの「モンキー・ブレッド」です。

なんでも、お猿さんの大好物だという「バオバブの実」に似ていることから、こんな名前がついたとか…。

More
[PR]
by amarone-masi | 2008-06-15 09:25 | パーネ