S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

 ~ イタリア料理・西洋菓子教室主宰 田中玉緒のオフィシャルブログ
箱根に
e0119321_7465390.jpg
霊験あらたかなパワースポットとしても知られる箱根。私にとっては子供の頃から家族で何度も訪れた、馴染みの避暑地であり温泉地です。
慰労を兼ねて、友人夫妻が「日帰り温泉」へドライブに誘ってくれました。

日帰りが前提でしたので、温泉通の夫妻が選んでくれた候補地は2つ。都内の天然温泉とこの箱根のうちから、せっかくなので気分転換度の高そうな箱根をチョイス。

e0119321_7472141.jpg
小田原駅からは友人の愛車に乗って、まずは早川にあるお鮨屋さんを目指します。昨年の初夏も一緒に箱根を訪れて、同じようにお鮨を楽しみました。

e0119321_7474532.jpg
二郎さんも言うように、「握りの花はやっぱりマグロ」?

ずっと美味しいお鮨を食べたいと思っていたから、おまかせの軽いコースで気持ちもお腹も満たされて、ぐっと元気に。しかも、先日のお誕生日ディナーのお礼にとご馳走になってしまいました。

e0119321_7475531.jpg
でも、こちらのお店に限っては、土地柄もあって鯵の美味しさが極めて印象的です。

今のご主人の先代は魚市場に勤めていたかたなのだそう。いくら小田原といえども、納得のいく鯵の水揚げがないときは、お店に出さないと聞きました。昨年頂いた初夏の鯵とはまた違った、脂ののった鯵も美味。脂ののりが上品です。

e0119321_7482818.jpg
そして、夫妻が考えてくれたドライブコースの次なる目的地は「箱根神社」。

e0119321_748383.jpg
神社に詣でる前に食欲を満たして満腹になるのも如何なものかな、とは思ったけれど、そんな人間の弱さを神様は見逃してくださるはず?。

杉並木を歩くだけでも、心が洗われるような気がして落ち着きます。雨上がりだったせいもあって、苔も青々として美しく、杉の香りもひときわ。日本ならではの美しさとその匂い。

e0119321_749043.jpg
2人が私のために選んでおいてくれたハイライトはこちら。恒例のお御籤は大吉でしたよ。

e0119321_749913.jpg
そうこうしているうちに2時過ぎ、一番の目的地である温泉宿にやっと到着。お湯だけ借りられるところの中から、一番効きそうな温泉を選んでもらいました。

芦ノ湖の畔の、硫黄臭もたっぷりの白濁したお湯に浸かって、親友とのんびりお喋り。

道路が混まないうちにと、湯本駅前でお土産ものを買った後は一路東京に…都内に戻って早い夕飯を一緒にとることにしました。8時半に家を出て、6時前には帰京。しっかり温泉饅頭や干物も買い込んだし、すっかり小旅行を楽しんだ気分。

いつものことながら、こんなに近くにある箱根は、東京の人間にとっては、まるで宝のような場所だなぁと思うのです。また行きたいな。
[PR]
by amarone-masi | 2008-10-20 08:14 |
<< 才能 ラジウム玉子 >>