S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

 ~ イタリア料理・西洋菓子教室主宰 田中玉緒のオフィシャルブログ
<   2013年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧
今週のフラワー
e0119321_20534443.jpg
今週は和食のレッスン、正真正銘日本人のくせにおかしなことに、最初の1人暮らしがフィレンツェだったせいか、これまで20年近く仕事として責任をもって向き合ってきたせいか、人前ではイタリア料理を作るほうが100倍気楽!というのが正直なところ。

しかし、ゆくゆく海外の方にも和食を教えてみたいと願っているので、こんな私でも、吟味した少ない材料でパパっと作れるのが、この「お家ダイニング@和食のレッスン」のレシピのよいところかなぁ、とも。

駆け出しだから、まだまだいろいろ教えたいメニューがありすぎて、毎回直前まで献立の構成に迷ってしまう。いつも以上にバタバタした一週間を助けてくれたのが、この苔玉です。

苔玉には夏のイメージがあるけれど、紫式部の実がその名の通りパープルに色づくと、秋の食卓にもぴったりではないでしょうか?何しろお世話がラクなので、しばらくの間は「毎週のグリーン」になりそうだけど、大事に育てますね。

e0119321_20535342.jpg

[PR]
by amarone-masi | 2013-09-26 21:10 | 花とグリーン | Trackback | Comments(0)
お家ダイニング@和食のレッスン 9月「秋刀魚ご飯」
e0119321_1415766.jpg
今月のテーマ食材は「秋刀魚」。

週末からお天気が今ひとつで、魚の仕入れが心配でしたが、北海道産の適度に太った秋刀魚を探してきて、余分な脂を落としつつ香ばしくグリラーで焼いてから美味しく炊き込みました。

鮮度も産地も確かな秋刀魚なら、ざっとウロコやぬめりをひいてそのまま炊きこんでも、ワタの旨みがおつなものです。ご飯といえども、赤ワインにもシックリ!

でもね、一般的には掃除した秋刀魚を加えたほうがどなたでも召し上がりやすいかと思いますので、簡単なことですが掃除のポイントもご説明しますね。

毎月月末の木曜〜土曜に開催中の「お家ダイニング@和食のレッスン」では、こんな感じで定番のお惣菜をまじえて、メニューを組んでいます。

どちらのお宅にも、きっとお馴染みのほっとする味わいがあるものでしょうが、シンプルな配合で、プレゼンテーションや残った翌日の応用の仕方などもお教えしています☆

e0119321_14191765.jpg
新米を研いで、たっぷりの針生姜とこんがり焼いた秋刀魚を炊きこんだら、頭や中骨を除いて、薬味の青葱と一緒に身をほぐしてしゃもじで混ぜ合わせます。

せっかく立派な秋刀魚ですから、大きくホロッと外れた身はトッピングに!

いつもの器には菊の箸置きを添えて。また、「秋刀魚ご飯」用に秋の紅葉をイメージして新調したご飯茶わんは素朴な風情なので、お焦げも馴染んで美味しそう。

e0119321_14193113.jpg
069.gif「お家ダイニング@和食のレッスン9月」、金曜&土曜に若干名のお席がございます。

入会金はご不要で、会員以外の一般の方にも単回でご参加頂けます。通常はHP内の「Le Informazioni お知らせ」欄からお申し込みを受け付けておりますが、日程がせまっているクラスに関しては、できましたら電話でお問い合わせ下さいませ(03-3406-3670 タナカまで)。
[PR]
by amarone-masi | 2013-09-26 14:31 | レッスン | Trackback | Comments(0)
「お家ダイニング 和食のレッスン9月」
e0119321_22363656.jpg
今週末金曜土曜に開催の「お家ダイニング@和食のレッスン 9月」、今月のテーマ食材は「秋刀魚」です。

ようやく涼しくなって「食欲の秋」を迎えましたね〜。

和食は毎月後半がレッスン日なので、すぐに復習して頂くためにも9月は「秋刀魚」と決めていたのだけれど、栗もかぼちゃも扱いたいから、メニューのアイディアがなかなかまとまらず…詳しいご案内が遅れてしまって申し訳ありませんでした☆

香ばしく焼いた秋刀魚は、生姜を効かせて一緒に炊き込む薬味たっぷりの「秋刀魚ご飯」のほか、甘酸っぱい「薬味だれ」を添えてご紹介します。定番の「大根おろし&醤油」以外にも、脂ののった秋刀魚をおいしく楽しんで頂ける便利なたれですよ。

e0119321_22443633.jpg
「かぼちゃの煮つけ」も、アレンジを2種類合わせてご紹介。和の食卓にも馴染む今月のおまけのレシピは、「栗と鶏肉、野菜の炒めもの」です。

テーブルにつく前の最初の一品は、お椀がわりに「すだち蕎麦」をお一口だけサーヴィスしますね。その他の小菜は当日のお楽しみに!

069.gif「お家ダイニング 和食のレッスン 9月」のご案内です。入会金はご不要で、会員以外の一般の方にも単回でご参加頂けます。HP内の「Le Informazioni お知らせ」欄からお申し込みを受け付けておりますが、日程が迫っているクラスに関しては、できれば電話でお問い合わせ下さいませ(03-3406-3670 タナカまで)。
[PR]
by amarone-masi | 2013-09-24 22:59 | お知らせ | Trackback | Comments(0)
今週のフラワー
e0119321_10303085.jpg
今週のフラワーはこんな感じで…週の後半は暑さが戻るようだから、やっぱり日持ちのしそうな花を。

イメージとは少し違ったのだけれど、オレンジがかったこの珍しい色のシンビジウムに一目ぼれ!

アンスリウムの独特の紅もお気に入り。実際ご覧になると写真よりとても美しい色合いなので、レッスンをどうぞお楽しみに。

e0119321_10304358.jpg
今月のドルチェは中華風、テーブルにも中国茶器をあしらってみました。

夏の台湾料理特別講座の「白桃のかき氷」に添えた、「豆花風杏仁豆腐」は、我ながら大満足のとってもおいしい!配合でした。

たくさんのかたが「謝謝台湾特別レッスン」にいらしてくださったけれど、レギュラークラスの生徒の皆さんにも是非食べて欲しくて、今月は装いを替えて、イタリア料理のあとの食後のドルチェでお出ししますね。

e0119321_1031154.jpg

[PR]
by amarone-masi | 2013-09-10 10:48 | 花とグリーン | Trackback | Comments(0)
茄子のターラント風マリネ
e0119321_1373782.jpg
今月のレッスンのスターターは、「茄子のマリネ ターラント風」。

「ターラント」はプーリア州南部にあり、イタリアではムールの産地としても有名な港町です。アク抜きもせず、オイルもひかずにグリルするのがターラント風、茄子の味をぎゅっと閉じ込めて作ります。そして、非加熱オリーブオイルだけのマリネだから、とってもヘルシー!

さて、先週までは半分はデスクワーク、半分は遅い夏休みを頂戴し、少しのんびり過ごしました。

旅行は秋までお預けなので、お知り合いの店を中心に都内でイタリア料理を楽しく食べ歩きましたよ。身体をはって食べ歩いた(笑)詳しい様子は、教室のFB頁からどうぞ!

最後に伺ったのは、すぐ近くのプーリア料理のリストランテ、いつもお世話になっている「コルテージア」さん。シェフの江部さんとは浜町時代からのお付き合い、お人柄通りのシンプルで飾らないストレートなイタリア料理にホッとしました。

懐かしいプーリアでの食事といえば、小皿がにぎやかに並ぶ前菜が楽しい!

先日お店で出して頂いたたくさんの前菜のひとつが、この「茄子のターラント風」です。

セコンド・ピアットを塊肉の煮込みにしたから、バランスをとって最初に考えていた火を使わないメニュー「マグロのタルタル」の他に、野菜の、それもできれば「秋茄子を使った前菜をプラスしたいなぁ」と考えていたので、すかさずシェフに「お願い!」。

美味しく作るコツを丁寧に教えて頂いて、常備菜にもなるように自分なりにちょっぴり工夫してみました。

e0119321_1375353.jpg
最近のレッスンでは途中から入会された方のために、以前教えたおいしい付け合せなどもリニューアル、毎月5〜6品のコース料理をご紹介しています。

そんなわけで今月は前菜が2皿、もうひとつのアンティパストは「マグロのタルタル」です。

たまには四角くしてみたいと、セルクルなしで形どったので、写真は盛りつけが今ひとつだけど、本番はもっと美しく!

下に敷いたサラダは、「きゅうりとじゃがいも」という意外な組み合わせなのですが、残暑向きでさっぱりしておいしいので、単品でも使っていただけると思いますよ。写真は簡単にクリーム・バルサミコをかけていますが、台湾料理で好評だった「葱ソース」にヒントを得た「青葱のソース」もお楽しみに!

069.gif明日9月10日(火)からスタートする「9月のイタリア料理クラス」、若干名募集があります。HP内の「Le Informazioni お知らせ」欄からもお申し込み頂けますが、日程が近いクラスに関しては電話(03−3406−3670)でお問い合わせ下さいね。

レッスンはデモンストレーション形式、レシピと料理写真、ワインかソフトドリンクをつけたフルコースのご試食で11,000円(税込み)、現在入会金は申し受けておりません。ご入会前に、また毎月通えない方けれど教室に一度いらしてみたいというご希望のかたにも、気軽に参加して頂けますのでぜひご検討下さい☆
[PR]
by amarone-masi | 2013-09-09 13:44 | レッスン | Trackback | Comments(0)
ハンドメイドのポーチ
e0119321_1356281.jpg
先週久しぶりに会った義姉から、可愛いポーチをもらいました。

gisell さんという作家の手作りポーチ、伊勢丹の催事に出ていた中から私のイメージの柄を選んでくれました。手作りならではのきめ細やかさと、ほとんどが一点ものだというオリジナル性が嬉しい。

どちら側から見ても、可愛いポーチ!

e0119321_13561444.jpg
うっかり包装紙を開けた時に最初の写真を撮ってしまいましたが、たぶんこちらが表側ですよね!内側には小さなポケットも付いているから、SuicaやPASMOなどのカードを入れても利用できます。

義姉が愛用中のがま口ポーチも、たくさんものが入って、出し入れも便利、化粧ポーチにとってもお勧めだそう。

百貨店などでの催し物での販売のほかは、こちらのハンドメイドマーケット「Creema (クリーマ)」でも購入できます。ご紹介した以外にも、いろんなデザインやサイズがあるようですよ。
e0119321_13571148.jpg

[PR]
by amarone-masi | 2013-09-08 14:04 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(0)
イタリア帰省土産
e0119321_954230.jpg
イタリア人の大事な友人Mさんから、夏のバカンスのお土産をもらいました。

2人のお子さん連れ&年に一度の帰省だから、お土産のリクエストを聞かれても、「ゆっくりのんびり楽しんできて〜」と伝えていたのだけれど…地元のスーペルメルカートで、美味しそうなもの、また私たちの間で話題にのぼっていたものを上手に選んできてくれました。

例えば右下の「チェードロのカンディータ」!

柑橘好きなのに、中部〜北イタリアが長かったせいか、本物のチェードロは写真でしか見たことがありません。たぶんもちろん、お菓子の中に入っているチェードロはきっと口にしているはずなんだけど。

麦は最近のレッスンのメニューでもよく使っているから、教室の生徒さんにも大人気。美味しそうなトスカーナの有機オルツォも一緒に。

そして何より、万年寝不足気味の私を思って、「Sogni d'oro」のハーブティーを2箱も選んできてくれました。イタリア製品は、食品といえども、どれもパッケージも可愛いですね〜。

特に興味をもったのは、「リラックスティ」の緑の箱に描かれたユニークな花、いつぞや見かけた「パッションフルーツ」の花に似ているなぁ、と思って…調べてみると、時計草の花でした。パッションフルーツと時計草はとても近い品種だから、さもありなん。

そして、たまたま夏の講座の料理でもよく使った、メリッサ(レモンバーム)もミックスティーに使われています。いずれも自律神経を整え、気分を落ち着かせる効果があるハーブです。どちらも飲みやすく、9月のドルチェにも合いそうなので、食後にお出ししようかなぁ、と思っています。

e0119321_9541019.jpg
睡眠は大事ですね。

パッケージの「Sogni d'oro (ソンニドーロ)と」は、皆さんご存知の「Buonanotte(ブォオナノッテ」と同じシーンで使える、チャーミングなイタリア語。「黄金の夢を!」、つまり、「よい夢みてね!」という眠る前の挨拶のひとつなのですよ。

069.gif9月10日(火)からスタートする「9月のイタリア料理クラス」の受講募集のお知らせです。HP内の「Le Informazioni お知らせ」欄からお申し込み頂けます。

ご入会前に、また毎月通えない方けれど教室に一度いらしてみたいというご希望のかたにも、気軽にご参加頂けますのでぜひご検討下さい。
[PR]
by amarone-masi | 2013-09-06 10:29 | | Trackback | Comments(0)
9月のイタリア料理教室 体験レッスン募集のお知らせ
e0119321_1003427.jpg
9月10日(火)からスタートする「9月のイタリア料理クラス」の受講募集のお知らせです。HP内の「Le Informazioni お知らせ」欄からお申し込み頂けます。

レッスンは実習ではなくデモンストレーション形式です。

レシピを手元にしっかり作り方をご覧になって頂いた後、前菜からドルチェまで5〜6品のリチェッタからなるコース料理を、イタリア・ワイン(またはノンアルコールドリンク)とともに楽しんで頂きます。

ご入会前に、また毎月通えない方けれど教室に一度いらしてみたいというご希望のかたにも、気軽にご参加頂けますのでぜひご検討下さいませ。

さて、今月のセコンド・ピエットは、またまた友人のNonna@カンパーニャ出身直伝のお味、「ナポリ風ラグー(Sugo Napoletana)」。

「塊肉を煮てセコンドで楽しんだ翌日は、余ったソースをプリモに」という家庭的な、実にイタリアらしい調理法をご紹介します。パスタソースとしての魅力も楽しんで頂けるよう、ナポリのショートパスタZITIに合わせて、ピアット・ウニコで仕上げてみますね。レッスンでは、佐賀県くぼファームさんの安心でおいしい酵素ポークを使います。

夏の疲れがたまる時期、9月も残暑が予想されるようですので、メインとなる肉料理の他には、なるべく火を使わずに準備できる前菜2品と、つるっとひんやり、でも、生姜を加えて身体を冷やし過ぎないドルチェを予定しています。お楽しみに!
[PR]
by amarone-masi | 2013-09-04 10:34 | お知らせ | Trackback | Comments(0)
珈琲豆
e0119321_10671.jpg
9月の声を聞いたというのに、昨日も暑い一日でしたね。

今日の東京の最高気温は32℃の予報、35℃超えもざらだったこの夏の酷暑、そう聞くと少し涼しいような気さえしてしまいます。

冷たいものばかり摂ってはいけませんが、ここまで暑いと身体のクールダウンも必要です。朝食時にいれた珈琲を冷やしておき、外出から戻った午後のお楽しみに!リーデルのワイングラスに一杯、キンキンに冷やして。

e0119321_1061945.jpg
最近のお気に入りは、表参道にも小さな支店を出された「ナス・ショウゾウカフェ(サイトは音がでます)」さんの珈琲豆、いろんなお店が集まった246commonの中にあります。

友人に教えてもらった九品仏の「クラウドナイン」の珈琲豆も美味しいなぁと思うけど、やっぱり近くで買えるのは有り難い。

写真は週に一度だけお店にいらっしゃるショウゾウさんの弟さん、他の日も感じのよい、弟さんの娘さんが働いてらして、ほんわかした家族経営の雰囲気も好ましいです。

私のお気に入りは、森のブレンドとフレンチロースト、豆は100gから販売、お店の前のベンチまたはto goでドリップ珈琲も楽しめます。お近くなので、教室の前後に珈琲好きのかたはトライしてみて下さい☆

e0119321_1063340.jpg
夕暮れ時は、どんなに暑い日でもやはり、熱い珈琲を一杯。ショウゾウ珈琲のフレンチローストは苦すぎず、ストレートでもおいしく楽しめるのが魅力。
[PR]
by amarone-masi | 2013-09-03 10:29 | 飲みもの | Trackback | Comments(0)